自宅展「夏の道くさ展」開催

2018年、夏がやってきました。

地元、新潟県十日町市と中魚沼郡津南町では今夏3年に一度の「大地の芸術祭」が開催されます。今、街の空気がその準備にソワソワしていて、街中や里山、田畑、古民家など、さまざまな場所を使い国内外の現代アート作家による作品が創り出されています。私も今回はどんな作品が出来上がるのか今からワクワクしながら開催を楽しみにしている今日この頃です。

そこで、村山大介陶芸研究所でも今夏、自宅ギャラリー村山さん家にて『夏の道くさ展』を開催致します!!!

今回の展示会は、村山大介陶芸研究所の器はもちろん長年の良きお付き合いの石川県加賀市の秋友尊騰さんのガラスや漆のお箸など、取り揃えて皆様のお越しをお待ちしております。

「大地の芸術祭」に便乗?する形となりますが、せっかく世界から注目され日本国内外から多くの多くの来場者がやってくる「大地の芸術祭」ですし、それを指くわえて眺めて楽しむだけじゃ勿体ないじゃない!「芸術祭の作品も確かにすばらしいけれど、地元にだってモノ作りしているこんな奴もいるんだぞ!」って、少しアピールしても罰あたらない気がします。

芸術祭を巡るついででも構いません。外歩きのちょっと暑さから解放する休憩でも構いません。是非当研究所にお立ち寄りください。

道草ついでに立ち寄れば思いもよらない出会いが待っているかもしれませんよ。

関連記事

  1. ** 6月の活動内容 **

  2. 「勝山年の市」出店のお知らせ

  3. ランプシェード(動画)

  4. 「芽吹き展」その他いろいろ・・・とは!

  5. 3月の活動予定

  6. ** 10月の活動内容 **